本文へジャンプ

マネジメント > 実践経営哲学 > 社会活動






性風俗の仕事をマネジメントする


マネジメントとは、目先の利益を上げるために必要なのではありません。企業が、目先の利益を追わず健全な企業活動をするために必要なのです。

したがってマネジメントに重要なことは、イノベ−ションとマ−ケティングとなります。これは、一流の企業も性風俗の仕事も同じです。

当クラブの顧客は、マネジメントの真の意味を知る一流の男性だけです。




経営理念 = 人間性教育

★ 
ミッション 
当クラブは、性風俗で働く女性が将来しっかりとした子供を育てられる母親にするために、性風俗の仕事を通じて女性の人間性教育に取り組みます。



経営方針 = 環境つくり

★ 
マ―ケティング ★
当クラブは、性風俗で働く女性が将来しっかりとした子供を育てられる母親にするために、性風俗の仕事を通じて女性の人間性教育に取り組みます。したがって当クラブのタ−ゲットとする男性は、性風俗を利用しても女性を口説くことのない男性です。



経営目標 = イノベ−ション
 
1、仕事を通じて従業員の人間性教育
2、モラルある環境つくり


私には将来、取り組みたい社会活動があります。それは、未来の子供たちが夢や希望が持てる社会を目指す活動です。この目標を実現するため、性風俗というもっとも価値のない環境から、女性の人間性教育とモラルある環境つくりに取り組みます。

世界一の経済学者といわれたP.F.ドラッカ−は、著作「マネジメント」でこう述べています。企業をはじめとするあらゆる組織が社会の機関である。組織は、目的ではなく手段である。したがって問題は、「その組織は何か」ではない。「その組織は何をなすべきか。機能は何か」である。



行動基準 = 当たり前のこと

1、男性客の誘惑をすべて断る
(目先の欲に振り回されない意識)


2、当クラブに適さない男性客をすべて報告する
(正しい環境つくり)

3、報告、連絡、相談の習慣
(無意識の行動をなくし、自覚した行動)

「当クラブで働く女性の行動基準」は、性風俗で働く女性が将来、しっかりとした子供を育てられる人間に成長するために、人としての当たり前のことだけです。



実践経営哲学|  


Copyright (C) 2003 V.I.Promotion. All Rights Reserved. - 公安委員会風営法届済優良店 -